-->

# トリガー

トリガーはマイクロプログラムに似ており、トリガーにプログラムされた命令を実行するために特定のイベントと条件を必要とするため、[トリガー]と呼ばれます。

トリガーとは?

トリガは以下の3つの部分からなる.

1.事件
2.条件
3.アクション

# 事件

イベントは、トリガーを実行する唯一の方法です。トリガーにイベントを追加して実行するたびに、トリガーはリスニング・イベントを最初に登録します。イベントの実行がリスニング・イベントによって検出されると、トリガー内のアクションが実行されます。

わかりませんか?例を見てみましょう


トリガの内容[

事件:
時刻が12:00になると

アクション: 執行するアクション

解釈する: 時刻が12:00になると、トリガが実行されます。

# 条件

[条件]という言葉はわかりやすいので、ここでは紹介しません。次の例を見てみましょう。


トリガの内容[

事件:
時刻が12:00になると

条件: 当面の天気は晴れだ

アクション: 執行するアクション

解釈する: 時刻が12:00になると、現在の天候が[晴れ]の場合、アクションが実行されます。時刻が12:00になり、天候が[雨]の場合、アクションは実行されません。

# アクション

アクションはトリガーの中で最も重要で、実行時のトリガーの役割を決定します。アクションがない場合、イベントがトリガーされてもアクションは実行されません。

前回の更新: 2020-11-28 15:40:31